ダウ理論の使い方


テクニカル分析の原点といわれている。ダウジョーンズ社を設立しダウ平均株価(12種類の工業株平均と20種類の鉄道株平均からなる)を考案したチャールズ・ヘンリーダウ氏が発見した。
平均した株価のトレンドに着目すると、長期トレンド、訂正トレンド、短期変動の3つに分解できるとする。
長期トレンドは1年から数年続く大きな株価のトレンドをあらわすラインで、上昇トレンドと下降トレンドがある。
訂正トレンドは、長期トレンドの向きとは反対に数週間動く株価の動きをあらわす。
訂正トレンドの変動幅をトレンド・チャンネルという。
下落している訂正トレンドの底を結んだ線、すなわち安値と安値を結んだ線を上昇トレンド、上昇している訂正トレンドの天井を結んだ線、すなわち高値と高値を結んだ線を下降トレンドという。
長期トレンドは出来高を伴って始まり、明確な反転シグナルが出るまで続く。反転シグナルは上昇トレンドにおいては、前回の高値を超えずに反転し前回の安値を下抜けた場合をいう。下降トレンドでは、前回の安値を下抜けず前回の高値を超えた場合をいう。
短期変動は数日から数週間程度の株価の動きを言う。

ダウ理論の上昇トレンド

ダウ理論の下降トレンド

反転シグナル

ダウ理論では、株価が上昇トレンドを描いている強気市場と下降トレンドを描いている弱気市場を、3つの局面に分割する。
強気市場の第一段階は、多くの投資家が悲観に暮れる中で、先見性を持つ投資家だけが買い始める時期で株価がゆっくりと上がっていく。強気市場の第二段階は、多くの投資家が買い始める時期で大きく株価が伸びる時期、第三段階は、情報が一般の人にも知れ渡り投資経験の浅い個人投資家も含めて最後に買いが殺到する時期の3つにわけることができるとする。
この3つの局面は、相場の格言「相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」で表すこともできる。

ダウ理論の使い方

ダウ理論を使って売買シグナルを探す方法





当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.