EPS(一株当たりの利益)の計算方法


純利益を発行済み株式数で割って求められる指標(1株当たりの利益)をEPSという。
EPSは、一株主が出資したお金でどれだけ利益を出せるかを見る指標で、EPSが大きく伸びる企業の株は、中長期的に株価が大きく伸びることが多い。過去のEPSと比較することで成長が望めるかどうかの判断材料に使うことができる。またEPSは株価が割安か割高かを判断する指標PER(株価収益率)の分母にも使われる。
株式投資で用いるEPSを計算する際の分子は、当期純利益ではなく、予想利益を使うのが一般的である。 株価は、過去の実績よりも将来の業績を織り込んで動くことが多い。また当期純利益には、土地や建物、有価証券の売却などで一時的に発生した特別利益や特別損失が含まれることもある、したがって株式投資では、EPSのベースに使う利益に、将来の予想利益を用いる。

EPSとPERの計算式は次のようになる。

EPSの計算式

会社の予想利益は、決算短信の中で下記のように表示されていることが多い。決算短信は各企業のホームページのIR情報(投資家情報)から閲覧できる。

会社の予想利益が載っている決算短信

事例:ヤマシンフィルタ





当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.