配当落ちとは?売りから入ればもうかる?


株主が配当や株主優待を受けることができる最終日のことを権利つき最終日という。権利付き最終日までにその企業の株を持っていれば配当や株主優待を受けることができる。その翌営業日には配当や株主優待を受ける権利を失うので権利落ち日という。権利落ち日に配当分だけ理論株価が下落することを配当落ちという。具体例を下図に示す。
権利落ち日に大半の銘柄は株価が大きく下落しているが、その部分は配当として株主に分配されるので理論上は権利最終日と権利落ち日の間には連続性が保たれていることになる。
この性質を利用して権利最終日までに信用売り(空売り)を仕掛ければ、高確率でもうけることができそうにみえるが、売りから入った場合は株主に配った配当分をを配当調整金として徴収される仕組みになっているので、この性質を利用してもうけることはできないようになっている。
各銘柄が配当落ち日にどれくらい下落するかはこちらで確認できる。

配当落ちの具体例



当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.