初心者向けの株入門講座

配当利回りと配当性向の違い


配当利回りは、株価に対して配当が何パーセントあるのかを表す指標で、計算式は「1株あたりの年間配当金÷株価」で求められます。インカムゲイン(配当収益)も重視する長期投資において特に参考にされる指標です。 配当利回りは増配のようなポジティブな材料であがるほか、不祥事や業績の不振などにより分母の株価がさがったときでもあがるので注意。

配当金は通常は会社があげた利益のなかから出すものですが、配当金が最終利益よりも大きいときは、会社の財産を取り崩して配当にまわしていることもあります。
こうなると会社の財務状態が悪くなり、会社の成長に投資する資金が不足して将来の業績や株価にも悪影響が及ぶことがあります。
そこで最終利益から配当にまわす割合を指標にしたものが配当性向です。

配当性向は、1株あたりの年間配当金÷1株当たりの利益で求められる指標で、配当利回りとは分母が異なります。会社があげた利益からどの程度を配当として株主に還元しているかを他社の数値と比較することができます。

配当利回りと配当性向の違い

株価を一株当たり利益で割って求められるPERと配当利回りをかけても、配当性向を求めることができます。(計算をするときは、実績と予想、連結と単結に注意)

またROEが、1株あたりの利益÷1株あたりの株主資本であらわされるので、配当性向とROEをかければ、貸借対照表における株主資本に対する1株あたりの利益を比較できます。





当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.