5日移動平均線の使い方


5日移動平均線は、当日を含めて過去5日間の終値を合計し、これを5で割って求めた値を一日ごとに計算していき、折れ線で結んだグラフをいう。計算に用いる5日は、1週間の営業日単位を表す数値で、株式市場が開いている月曜日から金曜日までの5日間をあらわしている。

5営業日

株価が5日移動平均線よりも上にあるときは、過去5日間にこの株を買った投資家は儲かっている割合が高く、株価が5日移動平均線よりも下にあるときは、過去5日間にこの株を買った投資家は損をしている割合が高いということが読み取れる。儲かっていれば株を持ち続けて、もう少し様子を見たいという心理が働きやすく、損をしていればどこまで落ち続けるかわからない不安感から早めに手放そうとする心理が働きます。

5日移動平均線と株価の関係

5日移動平均線は、下値支持線や上値支持線として利用されるより、下図(市原ホールディングス(4645))のように25日移動平均線と組み合わせて、ゴールデンクロスやデッドクロスのシグナルを見つける指標として使われることが多い。

5日移動平均線で見るGCとDC

その他の移動平均線の見方と使い方



当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.