移動平均線の見方と使い方


移動平均線は、もっともメジャーかつポピュラーなテクニカル指標で、相場のトレンドを把握したり、売買のタイミングをはかる指標として広く利用されています。移動平均線は、過去にさかのぼって株価の終値を合計し平均したものを折れ線グラフにしてあらわしたものです終値を合計する日数には、5日25日、75日、100日、200日などがよく使われます。5日は株式市場が開いている月曜日から金曜日までのおよそ1週間をあらわす単位で、25日はおよそ1か月をあらわす単位、75日はおよそ3か月を表す単位、200日はおよそ1年を表す単位と言われています。
このうち25日移動平均線はもっともよく使われることが多いことから人気線とも言われています。そのほか75日線は需給を占う需給線、200日線は景気を占う景気線といわれています。

当サイトには、移動平均線の練習ができるページもあります。株の練習デイトレの練習の2つがあります。ひととおり移動平均線の使い方を学んだ後に試してみてください。

1・移動平均線の見方

25日移動平均線を例に移動平均線の見方を解説をします。
25日移動平均線よりも株価が上にあるときは、過去25日間にその株を買った人は平均するとだいたい利益が出ています。売り圧力よりも買い圧力が強いことを示しています。このような時は心にゆとりができ、まだ上がるかもしれないのでもう少し持ち続けてみようとする心理が働きやすくなります。
逆に25日移動平均線よりも株価が下にあるときは、過去25日間にその株を買った人は平均するとだいたい損をしています。これ以上下がる前に株を早く売りたいという心理が働きやすく、売り圧力が買い圧力よりも強いことを示しています。。

移動平均線が右肩上がりにあるときは上昇トレンドにあるといい、右肩下がりにあるときは下降トレンドにあるといいます。

下の株価チャートはシティグループの日足チャートに5日移動平均線(赤)と、25日移動平均線(緑)を描画したものです。移動平均線の計算に使用する日数が長くなるほど、ラインが滑らかになりトレンドも緩やかになります。

シティグループの移動平均線

2・移動平均線の使い方

移動平均線を上値支持線または下値支持線として使う方法。
上昇トレンドまたは下降トレンドを描いているときに、株価が移動平均線に近づいたとき、または離れたときに買いや売りを仕掛けるトレード手法。
上図のシティグーループの4月20日ごろを見ると、上向きに転じた株価が25日移動平均線に近づいたところで反落しています。このように株価が移動平均線に近づいたポイントは小さな変化点になりやすく、売りや買いを仕掛ける一つの目安となります。
上向きに転じた株価が移動平均線で押さえつけられて反転する場合の移動平均線を上値支持線(またはレジスタンス)といいます。
シティグーループの9月5日や10月4日あたりを見ると、下向きに転じた株価が25日移動平均線に近づいたところで反転しています。
このように下向きに転じた株価が移動平均線で戻されて反発する場合の移動平均線を下値支持線(なたはサポート)といいます。

株価が移動平均線よりも上方向に離れていることを上方にかい離しているといい、株価が小さく反落しやすいポイントの一つとなります。これも売買を仕掛ける一つの目安となります。
株価が移動平均線よりも下方向に離れていることを、下方にかい離しているといい、株価が小さく反転しやすいポイントのひとつとなります。

さらに下降トレンドのときに株価が移動平均線を下から上に抜けた場合や、上昇トレンドのときに株価が移動平均線を上から下に抜けた場合は、トレンドが大きく変わりやすい。

このような移動平均線と株価の特性をまとめた法則をグランビルの法則といいます。グランビルの法則に関しては左記ページにて図をつけて詳しく解説しています。

株価チャートは日足だけでなく、分足や時間足、週足などもあります。このようなとき移動平均線の計算に使う数字は、日数でなく、分や時、週などの単位が使われます。
分足チャートはデイトレードでよく使われ、移動平均線の計算には、12本、24本、48本の数字がよく使用されます。5分単位で計算すると、1時間は12本、2時間は24本、4時間は48本にあたります。週足チャートでは、13週、26週、52週、月足チャートでは、12か月、24か月、60か月がよくつかわれます。

ゴールデンクロスとデッドクロス

株価が下降トレンドを描いているときは、短期移動平均線の上に中期移動平均線がきて、上昇トレンドを描いているときは、中期移動平均線の上に短期移動平均線がきます。下落していた中期移動平均線が横ばいまたは上向き基調に転じ、短期移動平均線が中期移動平均線を下から上へと抜けていった交点をゴールデンクロス(GC)といい、下降トレンドから上昇トレンドへと転換しやすい買いサインと言われています。逆に上昇していた中期の移動平均線が横ばいまたは下向き基調に転じ、短期移動平均線が中期移動平均線を上から下へと抜けていくとき交点をデッドクロス(DC)といいます。上昇トレンドから下降トレンドへと転換しやすい買いサインと言われています。

ゴールデンクロスとデッドクロス

下図のように、もう一本移動平均線を追加して、短期、中期、長期の3本描画してみましょう。株価が短期・中期・長期すべてのラインを上抜けたとき、短期・中期・長期すべての投資家がもうかっている状態を表しています。売り圧力はますます小さくなり、より強固な上昇トレンドに変わったとみることができます。

移動平均線をはじめとするテクニカル分析は、材料があまりないときに効果を発揮しやすいトレード手法です。株価を強力に押し上げたり押し下げたりする材料がとびだしたときは、どんなテクニカル指標も機能せず、成行買いや投げ売りが殺到することがあるので注意しましょう。

シティグループの3本の移動平均線

乖離率を使って売買シグナルをみつける方法

移動平均乖離率

ローソク足チャートの下に黄色の水平ラインと赤色の折れ線グラフで表したオシレーターが乖離率です。黄色のラインは移動平均線を横にまっすぐ張った状態をあらわすもので、これよりも上や下に大きく乖離したポイントが売買シグナルになります。ただし上昇トレンドや下降トレンドを描いているときに逆張りするときは反転反落後の値幅が小さくなりがちなので注意が必要です。

計算方法

3分でわかる移動平均線の解説と計算方法の動画


移動平均線の計算式は次のようになります。(5日間を平均する場合)

日付 1/5 1/6 1/7 1/8 1/9 1/10 1/11
株価(終値) 230 256 224 274 310 324 356

12日以降も同じように計算していき、これを線で結んでいきます。

このような計算方法を単純移動平均といいますが、これ以外に直近の株価をより重視して計算する加重移動平均や指数平滑移動平均などの計算方法もあります。





当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.