初心者向けの株入門講座

25日移動平均線の使い方を動画つきで解説!


25日移動平均線は、当日を含めて過去25日間の終値を合計し、これを25で割って求めたあたい、すなわち平均値を、折れ線であらわしたものです。計算に用いる25は、株式市場が開いている1か月の営業日を表す数値です。土日祝日を除くと、1か月はだいたい20日くらいですが、25日が使われているのは、1989年1月までは、土曜日の前場も株式市場が開いており、そのあたりの事情を含んでいるようです。
25日は、もっともよくつかわれる数値であることから、人気線とも言われています。

<動画>


当サイトには、移動平均線の練習ができるページもあります。株の練習デイトレの練習の2つがあります。ひととおり移動平均線の使い方を学んだ後に試してみてください。

<見方>

25日移動平均線よりも、株価が上にあるときは、過去25日間にその株を買った人は、平均するとだいたい利益が出ています。
このような局面では、心にゆとりができ、まだ上がるかもしれないので、売らずに持ち続けてみようとする心理が働きやすくなります。
買い圧力が、売り圧力より優勢にあることを示しています。

反対に、25日移動平均線よりも、株価が下にあるときは、過去25日間にその株を買った人は、平均するとだいたい損をしています。
このような局面では、これ以上下がる前に、売ってしまいたいという心理が働きやすくなります。
売り圧力が、買い圧力より優勢にあることを示しています。

そして、移動平均線が、右肩上がりにあるときは「上昇トレンド」、右肩下がりにあるときは「下降トレンド」にあるといいます。

<使い方>

25日移動平均線は、5日移動平均線と組み合わせて、ゴールデンクロスやデッドクロスのシグナルを見つける指標としてよく使われる。(株価チャート:市原ホールディングス(4645)

5日移動平均線で見るGCとDC

関連リンク:移動平均線の見方と使い方



当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.