J-REIT(ジェイリート)とは?


J-REIT(ジェイリート)は、日本版の不動産投資信託。
投資家から資金を集めて複数の不動産(オフィスビルや商業施設、住居など)を取得・運用し、不動産から得た賃料などの収益を投資家に分配します。
不動産に投資する会社を投資法人といい、投資法人は株式でいうところの株券「投資証券」を発行して、株式と同じように証券取引所に上場します。
投資法人は、賃料収益のみに特化している点で不動産会社と異なります。

J-REITは、不動産に直接投資するよりも少額資金(指数に連動するタイプであれば1万円程度から)で投資ができ、市場が開いている時間内であればいつでも何回でも売買注文が出せます。また株式と同様に指値注文や成行注文ができます。

J-REITは、元本保証ではないので、債券よりもリスクは高いが、債券や株式よりも分配金が高めという特徴があります。J-REITには、利益の9割以上を株主に還元すれば法人税が免除される税制上の優遇があり、高配当が期待できる商品です。
J-REITは分配金がメインの商品であるため、価格が下がっても分配金を同じであれば利回りが上がって買いが集まりやすくなります。逆に価格が上げっても分配金が同じであれば利回りが下がって買いが集まりにくくなります。このような性質から価格変動は株式よりも穏やかになりやすいといった特徴があります。短期的には分配金よりも値下がりによる損失が大きくなることがあっても、長期間保有すれば積みあがった分配金が値動きのリスクを上回る効果が期待できる長期投資向けの商品です。

日本で上場しているJ-REITの一覧と最低売買価格、現在の価格、事業内容の比較はこちらでチェックできます。かつてはオフィスビルや商業施設に投資する投資法人が大半を占めていましたが、最近は物流施設や介護施設、温泉などに投資する投資法人も増えてきています。1万円程度で買える東証REIT指数に連動するタイプの商品(ETF)もあります。

ジェイリートの仕組み





当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.