株の基礎用語5


  • 自己資本比率 株主資本比率ともいう。((資産ー負債)÷資産)×100で求められる値。この値が大きいほど借金が少なく、財務体質は健全であるということが読み取れます。
  • 寄り付く  取引時間後、最初に売買が成立して株価が記録されること。
  • 年初来高値   その年の中でもっとも高い値をつけたときの株価。
  • 上場来高値  上場してからもっとも高い値をつけたときの株価。
  • 調整  株価が上昇しつづけた後に、動きが止まったり、下落したりすること。
  • 時価総額  発行済株式総数×株価で産出される値。発行されている株すべてを合算した価格。
  • 解散価値(一株株主資本)  会社の資産の総額を発行済株主総数で値。現時点で解散した場合に、1株に対していくらの資産が返還されるかを表す数字。
  • 織り込み済み  良いニュースが報じられても株価が下がったり、悪いニュースが報じられても株価があがったりすることがあります。これはこの会社の株を注目していた投資家たちが、アナリストのレポートなどから情報を仕入れて先取りして株を買ったり売ったりしているために起こる現象で織り込み済みといいます。
  • ジャスダック  日本の新興市場の一つで、東証一部や2部に上場するのが難しいベンチャー企業や中堅企業が上場している取引所。
  • 塩漬け株  購入した金額より株価が下落して損失がでているけど、売却はせずに持ち続けている株のこと。
  • ウイークリー・トレード 2日から1週間の間で株の売り買いをして利益を確定させる取引。
  • デイトレード  一日で株の買いと売りをして利益を確定させる超短期取引。長期投資やウイークリー投資のように会社の業績や財務諸表を細かく分析しなくてもできるため比較的人気があります。かわりに取引数が多くなる分、売買手数料が高くなります。
  • 株の用語解説 No1 No2 No3 No4 No5




    当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

    Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.