初心者向けの株入門講座

移動平均線で見分ける株の買い時


株価は移動平均線に引き寄せられるように波打ちながら動く傾向があります。株価は常に上がり続けるということはなく、買われすぎて反落し、売られすぎて反転するという一定のアップダウンを繰り返しながら相場を形成していきます。この特徴を利用して売買を仕掛けるタイミングをはかるためのツールとして投資家の間でよく利用されているのが移動平均線です。移動平均線を使って買いのタイミングを見分ける最もシンプルな見方を下記に紹介します。
買いのタイミング1

下向きにあった移動平均線が横ばいまたは上昇基調に転じ、株価がその移動平均線を上に抜けたときは上昇トレンドへと移行するサイン。
買い時2

上昇トレンドを描いているときに、株価が移動平均線を超えるか超えないかくらいのところまで下がっきた時。
買い時4

上昇トレンドを描いているときに、株価が移動平均線に近づく前に反転した時。
買い時5

年初来安値に株価が近づくと投資家の警戒感が強まり株価が反転することがあります。年初来安値を下に割り込んだ場合は、強い下降トレンドへ移行することもあります。

相場が変化しやすい周期(日数)は、5日、25日、75日、200日などです。これらの数値は、移動平均線の計算をする際に用いられます。





当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.