値幅制限(ストップ高とストップ安)の一覧表


本来、株価は自由に決まるべきもので、人為的に制限するべきではないという原則があります。
しかし無制限な変動を許容すると、一時的な投資家の心理状態の変化で株価が実態以上に短時間で大きく変動し、投資家が思わぬ損害を被るおそれがあります。そこで一日の株価の変動幅(値幅)に一定の制限が設けられることとなりました。これを値幅制限といいます。
値幅制限は、前日の終値が基準値段となります。たとえば前日の終値が2000円だった場合、下表を見ると制限値幅は±500円となっているので、翌日の株価が2500円を超えたら2500円でストップ高となり、1500円よりも下がったら1500円でストップ安となります。

値幅制限の一覧表

値幅制限の基準となる値段の例外
ザラバ中に売買が成立し、その後、売り注文または買い注文のいずれか一方が大量にはいって特別気配が表示されてその後に売買が成立しないまま立会時間が終了した場合は、ザラバ中に成立した値段ではなく、大引け時点の特別気配値が基準値段になります。





当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.