NISA口座は国債や社債も非課税の対象となるか?


NISAとは、貯蓄から投資の流れを促進するために2014年1月1日から始まった少額投資非課税制度で、年間100万円までであれば投資で得た売却益や配当金が5年間にわたって非課税になる制度です。
NISAを利用するには、普通の課税口座のほかに、新しくNISA口座を開設する必要があります。普通の課税口座で取引すると、配当金や売却益に対して20%の税率が課されるものが、非課税になります。
対象は、国内外の上場株式等で、証券取引所に上場している株式やETF、REITのほか、株式で運用する投資信託などが該当する。
国債や社債、公社債で運用する投資信託は対象外となっています。
年間100万円までの投資元本に対する売却益と配当金が5年にわたって非課税となるので、5年で最大500万円が上限金額となる。
NISA口座は一人一口座しか開設できず、最長4年間は金融機関を変更することができません。各金融機関によって売買手数料や取り扱っている金融商品などが異なるため、よく調べてから開設しましょう。株式やETF、REITは証券会社でしか取り扱っておらず、投資信託は証券会社でも取り扱っていないところも多く存在します。

NISAの対象商品



当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.