PBRの計算方法


1株当たりの純資産(株主資本)に対して、株価が何倍にあるのかを表す指標をPBR(株価純資産倍率)という。

PBRの計算式

純資産とは、総資産から負債を差し引いたあとに残る正味の財産のこと。この会社の純資産を発行済株式数で割って求められる1株当たりの純資産(株主資本)をBPSという。
純資産を発行済株式数で割って求められるBPSは、会社が解散した場合に1株主に対していくら資産が戻ってくるかを表すもので、株価とBPSが同じ(PBRが1倍)であれば理論上は株主が投資した分は戻ってくる計算になります。1倍が会社の定価だとすると、1.2倍は2割増し、0.8倍は2割引きで会社が買えるということ。PBRは低いほど割安だといえます。ただし株価は将来の会社の価値を織り込んで動くので、業績悪化懸念から株価が下がってPBRが低くなっているときは必ずしも割安とは言えない場合があります。他の投資指標や財務体質、会社がきちんと利益を出しているかなどもあわせて確認しましょう。

実例をつかってPBRを計算してみましょう。

1・ムゲンエステート(3299)/東証一部/2016年12月2日の株価:748円/BPS(実績・連結)627.14
首都圏1都3県における投資用不動産及び居住用不動産の中古不動産を買取し、リフォーム後に再販する事業を展開。不動産賃貸事業も行っている。

748÷627.14=1.19倍

2・三重銀行(8374)/東証一部/2016年12月2日の株価:2317円/BPS(実績・連結)8714.40
三重県四日市に本店を置く。明治28年に設立し、地域とともに発展してきた地方銀行。愛称「みえぎん」。

2317÷8714.40=0.27倍





当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.