リバランスとは?


リバランスとは、最初に設定したポートフォリオの配分比率が、運用中に株価が値上がりするなどして当初設定した配分比率と異なる比率になった際に、再度この比率を元に戻すことをいう。

リバランスを解説したイラスト

たとえば国内株式に25%、海外株式に25%、海外債券に25%、国内債券に25%づつ分散投資をしていたとする。国内株式が値上がりをし、海外株式が値下がりをするなどで、ポートフォリオの組み入れ比率が変わることがある。
ポートフォリオを最初に組むにあたって設定した目的がバランス重視であった場合、組み入れ比率が変わることで当初の目的が変わってしまうことがある。
そこで、ポートフォリオの組み入れ比率を元に戻すために、比率が上がった商品を売却し、比率が下がった商品を買い足しするなどで組み入れ比率を元に戻すリバランスが行われる。
リバランスを頻繁に行うと、売買手数料や売却益にかかる税金などのコストがかさむ為、リバランスは四半期、半年、1年に一度程度の頻度で行われる。

リバランスは投資信託で行われることも多く、純資産総額の大きな投信でリバランスが行われると、そこに組み入れられている銘柄の株価に影響を与えることがある。



当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.