クリスパー・キャスナイン(ゲノム編集)関連銘柄の一覧表


個々の生物の遺伝子情報のまとまりのことをゲノムといい、ゲノムを改変する技術のことをクリスパー・キャスナイン(CRISPR/Cas9)といいます。改変する生物のDNA配列の一部を切り取って、別の遺伝子情報と置き換えます。病気の治療や品種改良などへの応用が期待されています。

 

TOP関連銘柄一覧上昇株ランキング

 銘柄名・銘柄コード・業種・その他キーワードで検索できます。

上場企業リスト

表中の数値はその期間の値上がり率(%)で表示しています。例えば1年に対応する欄であれば、1年前の終値と比べて何%上がったかを示しています。

銘柄名と銘柄コード最低売買価格12/10(1日)2日3日1カ月3カ月半年1年PERPBR業務内容概略
トランスジェニック(2342)  48,600 -5.3 -6.5 -11.3 +7 +8.2 +0.8 -18.2 54.3 1.82

生物個体からゲノムにいたる生命資源の開発を通じて基盤研究および医学・医療の場に遺伝情報を提供している会社。クリスパー・キャスナインの分野では、ゲノム編集技術を用いた遺伝子改変マウスの作製受託サービスを提供している。主にガイドRNA設計からCas9発現ベクターの構築、受精卵へのインジェクションを行っている。

コスモ・バイオ(3386)  102,700 -2 -2 -2.7 -0.1 -17.8 -8.5 -6.1 40.59 0.92

ライフサイエンスの幅広い研究用試薬・研究用機器・臨床検査薬を提供している。ヒト・マウス・ラットを網羅したゲノムワイドsgRNAコレクション「Applied Biological Materials社 CRISPR-Cas9 ゲノム編集ツール」を低コストで提供。

ヘリオス(4593)  187,000 -4.2 -1.3 -6.7 -0.6 +7.2 +12 +18.4 - 7.36

iPSC再生医薬品の開発が主力。細胞・遺伝子治療を目的としたゲノム編集技術を開発しているユニバーサルセル社と共同研究契約を締結。免疫拒絶のリスクが少ないiPS細胞を用いたiPSC再生医薬品の開発を目指す。

富士フイルムホールディングス(4901)  452,500 +0.4 +3.3 +1.7 -6.4 -2.9 +4.5 -2.3 14.96 0.92

富士フイルムホールディングスは、東京医科歯科大学の難波大輔准教授との共同研究で、クリスパー キャスナインを用いたヒト表皮細胞のゲノムを編集し、その細胞を三次元培養した表皮モデルの作製に成功した。化粧品の研究開発ツールに活用する。

タカラバイオ(4974)  272,600 -2 +0.3 -3.5 +1.8 -0.1 +9 +82.3 105.91 5.28

バイオ産業支援事業が売上の大半を占める。CRISPR/Cas9システムを利用した手軽なゲノム編集ツールを提供している。複数個所の同時編集ができ、発現プラスミド、合成RNA、タンパク質など様々な形態で提供可能。


株価更新:2018/12/10 投資指標(PBR/PBR)更新:2018/12/10

0 /






Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.