ローソク足で見る株価下落のサイン


株価の下落を示唆するなローソク足の形(一本または2本以上の組み合わせ)について紹介します。移動平均線やトレンドライン、オシレーターなど、他のテクニカル指標と組み合わせて使うとより効果的です。上記リンクからローソク足のパターン分析の練習ができます。

大陰線
  • 大陰線 大きく下げて安値近くで下げ圧力のある相場。※天井付近でこの形が出たときは、売り圧力が強まってきたとみることもできる。反落(売り)シグナルの一つ。

上ヒゲの陽線と陰線
  • 上ヒゲ陽線 高値付近まで上昇したものの売りが優勢となって始値付近まで戻して終わった。
  • 上ヒゲ陰線 高値付近まで上昇したものの売りが優勢となり始値を下回って終えた。
 

※高値圏でこの形が出たときは、需給の逆転を示唆する反落シグナルとなる。

陰線のつつみ線
  • 陰線のつつみ線 前の陽線をすっぽりと包みこむように大陰線が出た時の組み合わせ。上昇を続けてきた株価が高値圏でこの形が出るケースを最後の抱き線といい、相場の反落を示唆する売りシグナルとされている。
かぶせ線
  • かぶせ線  前日の大陽線の終値よりも高く始まったものの、株価は下落を続け前日の大陽線の中心を下まわった。大陽線にかぶさるように大陰線が出現するパターン。今日の売り圧力が前日の買いの勢いを押し戻すほど強いものであることから、売りシグナルとされている。
出会い線
  • 出会い線 今日の終値が、前日の終値とほぼ同じになった。
ふりわけ線
  • ふりわけ線 前日の始値と同じ位置で始まり、陰線をつけて終えた。
はらみ線
  • はらみ線 前日の終値よりも低く始まり、前日の始値よりも高い位置で陰線をつけて終えた。
陰線の窓
  • 陰線の窓 左図のようにローソク足が上下で重ならずに間隔があくことを「窓を開ける」という。悪材料が飛び出して売りに勢いがついた場合にみられる形。上昇を続けてきた株価が反落し3本連続して陰線をつける形を三羽烏といい売りシグナルとされている。




当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.