RSIの見方


RSIは、 オシレーター系指標のひとつで株価チャートの下に表示されます。 現在の株価の水準(買われすぎか 売られすぎか)を見つける際の参考となる指標です。オシレーターとは振り子という意味で、株式相場もある振り子と似たようなある周期でジグザグに動きをすることが多いとからオシレーターと呼ばれるようになりました。RSIは0%から100%の数値で表され、0%に近いほど売られすぎ、100%に近いほど買われすぎと判断します。

当サイトでは、トレンドラインを使った株取引の練習ができるアプリケーションを用意しました。会員登録も必要なく気軽に始めることができます。日足チャートを使った短期から長期までの株取引のトレーニングはこちら、その他デイトレの練習、現在の株価チャートと関連銘柄一覧もあります。

下のグラフは日揮の5分足の株価チャートとRSIです。

日揮のRSI

株かチャートの下の、赤色の折れ線グラフがRSIです。

70%または80%以上で買われすぎ、20%または30%以下で売られすぎとする見方が一般的です。上図の黄色のラインは上が80%、下が20%を示すラインです。

RSIは、ボックス相場(もち合い)の時に効果を発揮します。

 

計算式は次のようになります。

RSI={NA÷(NA+NS)}×100

NA:一定期間の値上がり幅の合計 NS:一定期間の値下がり幅の合計

たとえばRSIの計算日数を5として下のような株価であった場合

日付 10/1 10/2 10/3 10/4 10/5 10/6
株価 202 203 201 202 201 200
値上がり幅   1   1    
値下がり幅     2   1 1

10/6のRSIは、{2÷(2+4)}×100=33%となります。





当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.