信用買い残と売り残


信用取引で買われた株の残高を信用買い残といい、信用取引で売られた株の残高を信用売り残という。ここでいう信用取引は、すべての証券会社で共通のルールで取引される制度信用取引をさしている。制度信用取引と一般信用取引の違いはこちら。
制度信用取引は6か月以内に決済をしなければならないというルールが設けられている。
1・信用買い残は6か月以内にまだ決済されていない信用買いの合計。
2・信用売り残は6か月以内にまだ決済されていない信用売りの合計。

信用買い残が信用売り残よりも多い場合は、期間内に株を売って返済しなければならない人が多く、近い将来、株価の売り圧力に変わる。売りシグナル。

信用売り残が信用買い残よりも多い場合は、期間内に株を買い戻さなければならない人が多く、近い将来、株価の買い圧力に変わる。買いシグナル。

信用倍率=信用買い残÷信用売り残
この指標が1倍よりも大きいときは売り圧力が大きく、1倍よりも小さいときは買い圧力が大きくなることを示唆している。

信用取引残高は日本取引所グループのページでチェックできる。信用取引が可能なすべての銘柄の買残高と売残高を、制度信用と一般信用別またはその合計を、エクセルまたはPDFファイルで閲覧できる。





当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.