トレンドラインの引き方


株式相場のトレンドを表す線のことをトレンドラインといい、古くから利用されているテクニカル分析です。

株式相場には上昇下降もみ合いの3つがあります。株価の安値と高値が同時に切りあがっていく相場を上昇トレンド、安値と高値が同時に切り下がっていく相場を下降トレンド、横ばいに動く動く相場をもみ合い(またはレンジ)といいます。トレンドライン分析では、自らの手で株価チャート上のローソク足の安値と安値、高値と高値のポイントを線で結んでいきます。

当サイトでは、トレンドラインを使った株取引の練習ができるアプリケーションを用意しました。会員登録も必要なく気軽に始めることができます。日足チャートを使った短期から長期までの株取引のトレーニングはこちら、その他デイトレの練習、現在の株価チャートと関連銘柄一覧もあります。

上昇トレンドの場合

上昇相場でのトレンドラインの引き方

上図は、あおぞら銀行の日足チャートです。相場が上昇トレンドを描いているときは、ヒゲを含む安値と安値を結んで、それをできる限り延長します。次の安値がこのラインより上または下に来る場合は、前回の安値から線を引きなおします。

このようにして安値と安値を結んだ線のことをサポートライン(下値支持線)といいます。株価が下降しながら反転して上昇に転ずるポイントを押し目と言います。サポートラインはこの押し目として機能することも多く、一般的に買いを検討するひとつのシグナルとして知られています。そして押し目で買い注文を入れることを押し目買いと言います。

株価がサポートラインで反転せずに下へ超えていったときは場合は、相場は横ばいまたは下降トレンドに移行する可能性が高くなります。

下降トレンドの場合

下降相場でのトレンドラインの引き方

上図は(株)サマンサタバサジャパンリミテッドの日足チャートです。株式相場が下降トレンドを描いているときは、上ヒゲを含む高値と高値の2点を結んで延長します。次の高値が左記のラインより上または下にずれたときは線を引きなおします。このように高値と高値を結んだ線のことをレジスタンス(上値抵抗線)といいます。株価が上昇しながらレジスタンスラインに近いづいたポイントが、売りを検討するシグナルになります。株価がレジスタンスラインで反落せずに上に抜けたときは、上昇トレンドへ移行する可能性が高まります。





当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.