ボラティリティとは?


ボラティリティとは、株価の値動きの度合いを示す指標で経済番組でも時々耳にする用語ですす。株価が上下に大きく動いているときは、ボラティリティが大きくなり、株価の値動きが小さいときはボラティリティが小さくなります。一般的に、ボラティリティーの大きい銘柄はリスクが高く、ボラティリティーが小さい銘柄はリスクが低いと評価されます。

テクニカル指標のひとつにも、標準偏差ボラティリティと呼ばれるものがあり、標準偏差と移動平均を使って数値化し、これを折れ線グラフ化で表示します。標準偏差ボラティリティの計算式は次の通り。

標準偏差ボラティリティ=(標準偏差(σ)÷移動平均)×100(%)

短期で大きな利益を目指す人はボラティリティの高い商品がおすすめ。初心者はボラティリティの低い商品がおすすめです。





当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.