初心者向けの株入門講座

割安株(バリュー)の探し方


いい会社なのに割安に放置されている株に着目して投資をする方法をバリュー投資という。割安株をみつけるときは、PER(ピーイーアール)とPBR(ピービーアール)の2つの指標を使うのが一般的ですが、これ以外にも相場の過熱感(買われすぎか売られすぎか)を判断するテクニカル指標(RSIや移動平均乖離率、ボリンジャーバンドなど)を使った探し方もあります。

PERは、株価÷1株益で求められる値です。現在の株価が一株益に対して何倍であるかを見る指標です。一株益とは、一株当たりにもらえる当期の利益(配当)のことです。分子に来る株価は低ければ低いほど、分母に来る1株益は数値が大きければ大きいほどPERの値も小さくなります。つまりPERは数値が小さいほど割安な株であることをあらわしています。おおむね15から30の間にあれば適正であると言われていますが、適正水準を示すボーダーラインが決まっているわけではありません。同業他社のPERと比較するのが一般的な使い方です。こちらのページから同業他社のPERやPBRを比較することができます。

PBRは、株価÷1株株主資本で求められる値です。1株株主資本は、会社の資産から負債(借金など)を引いた純粋な資産のことで、今すぐに会社を解散した場合に1株あたり各株主に戻ってくる金額を表しています。一株株主資本は借金が少なければ少ないほど数値が大きくなるので、この数値が大きいほど会社の財務体質は健全であると言えます。一般的に、PBRは1を基準にして割高割安を判断します。1よりも小さければ割安で、1よりも大きければ割高とされています。1を基準とする理由は、次の通りです。
1株100円の銘柄を1株買った直後に会社が解散し、そっくり100円が戻ってくる場合がPBR=1です。このときの株主の損益はプラスマイナスゼロです。±ゼロとなるPBR「1」を割安割高を判断する目安としています。
80円で株を買って直後に100円が戻ってきたら株主の利益はプラス20円となります。このときのPBRは、80÷100=0.8。割安な株が買えたと言えます。逆に120円の株を買って直後に100円しか戻ってこなければ株主は20円の損失を蒙ります。このときのPBRは120÷100=1.2。割高な株を買ってしまったということになります。

もうひとつチェックしておきたいのがROEです。ROEは当期利益÷株主資本×100(%)で求められる値で、株主が出資した金額でその会社どれくらいの利益を出しているかを見る指標の一つです。この数値は大きければ大きいほど、資金を効率よく使って利益を上げていることが分かります。

全上場銘柄の低PERと低PBRのランキングはこちらのページで確認できます。ただし割安株の中には、多額の借金をして利益を増やし割安になっている銘柄もあるので、指標のみを見て注文を出すのではなく会社の財務内容や業績の推移、来期の予想利益も併せてチェックしましょう。
指標が割安を示していても、良い会社でなければ株価の上昇は期待できません。
各証券会社のホームページからはスクリーニング銘柄検索というツールを使って割安株を探すことができます。PBRやPER、ROE、株価などの指標を数値で指定して、条件に合う銘柄を一覧表示します。割安株、成長株、財務が健全な会社などの分類別に検索をかけることもできます。

相場の過熱感(買われすぎ、売られすぎ)の判断

株価は、上がりっぱなし、または下がりっぱなしで動き続けることはありません。買われすぎて株価が上がりすぎた場合や、売られすぎて下がりすぎた場合は若干の調整がはいります。移動平均乖離率RSIボリンジャーバンドなどテクニカル指標は、相場の過熱感を見極める目安として利用されています。株取引の練習ができるページでは、これらのテクニカル指標を使った株の練習ができます。

株について解説する男性





当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.