財務指標の意味


投資指標(財務指標)やスクリーニングでよく見かける用語の意味を簡単に解説します。

  1. ROE 株主資本利益率ともいいます。株主が出資したお金(株主資本)で今期はどれだけの利益をだしているかをはかる指標です。欧米を中心とした外国人投資家はこの数値に注目しています。ROE=(当期純利益÷株主資本)×100で求められます。この数値が高いほどより効率よく利益を生み出せていることが分かります。
  2. ROA  総資産利益率ともいいます。会社の総資産をつかって、今期はどれくらいの利益を出せているのかをはかる指標です。ROA=(当期純利益÷株主資本)×100で求められます。この数値が高いほどより効率よく利益を生み出せていることが分かります。
  3. EPS  一株当たりの利益。1株利益ともいいます。
  4. BPS  一株当たりの資産。
  5. 配当利回り  (1株あたりの1年間の配当金額÷1株の購入金額)×100で求められる数値。株価に対して、どれくらいの配当がもらえるかを表す数値で、この値が大きいほどもらえる配当の割合が大きいことが分かります。
  6. 時価総額  発行済株式総数×株価で求められる値。その会社で発行されたすべての株式の合計金額で、会社の規模を表しています。
  7. PER  株価収益率ともいいます。PER=(株価÷1株当たりの利益)×100。株価が一株当たりの利益に対して何倍あるのかを示す指標で、この値が小さいほど割安で、大きいほど割高であることがわかります。
  8. PBR  株価純資産倍率ともいいます。PBR=(株価÷1株当たりの純資産)×100.株価が1株当たりの純資産(株主が純粋に出資した分のお金)に対して何倍であるかを示す指標で、この値が小さいほど割安で、この値が大きいほど割高であることがわかります。一般的には1より大きければ割高、1より小さければ割安とされています。
  9. 営業利益  売上高から仕入れや生産にかかったコストと販売にかかった費用を差し引いた金額。
  10. 経常利益  8の営業利益から、営業外の収益を加えた額(利息や配当など)ー営業外の費用を差し引いた額(利子など)で求められる値。
  11. 純利益  当期利益、当期純利益ともいう。9の経常利益から特別損益(通常の業務以外の損益で災害の寝室や固定資産売却による損益など)や税金を引いた額。
  12. 発行済株式総数  会社が発行した株式の総数
  13. 単元株数  一回の取引で購入に必要な株数。1単元100株と書かれていたら、100以上から購入できるという意味です。





当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.