大手銀行(上場企業)ランキング

上場している大手銀行をピックアップして業績や株価と投資指標、事業内容、自己資本比率など比較。会社名をクリックすると株価チャートや業績の推移などをチェックできます。

※ソートボタンをクリックすると、売上順、利益順、銘柄コード順、株価騰落率順にそれぞれ並び替えることができます。

TOP関連銘柄一覧上昇株ランキング33業種ランキング

 銘柄名・銘柄コード・業種・その他キーワードで検索できます。

上場企業リスト

表の見方:株価は他社と比較できるよう値上がり率(%)で表示しています。2日に対応する欄は、2営業日前の終値と比べて何%上がったか、1年前に対応する欄は、1年前の終値と比べて何%上がったかを示しています。


1位三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306) 市場:東証プライム(旧市場:東証1部) 

売上高6兆758億8,700万(+0.8%) 経常利益1兆5,376億4,900万(+45.9%) 利益率25.3% 

 自己資本比率4.8% (2022年3月通期 連結)

-12/92日3日4日5日1か月3か月半年1年2年5年10年
株価(%)+1-0.1+0.8+1.7+2.2+6.5+3.7+0.9+19.8+69.7-3.7+97.1

PER9.2 PBR0.55 RSI66.9% 5日乖離率+0.68 25日乖離率+3.15 75日乖離率+6.2 売買価格75,480円 

日本の三大メガバンクの一角。三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJ証券ホールディングス、三菱UFJリース、三菱UFJニコスなどをグループ会社に持つ。資産運用や保険、相続・不動産などを行うリテール業務、貸出・決済・外為・信託業務などで充実した商品やサービスを提供する法人業務、資金調達の支援や、キャッシュ・マネジメントサービスの提供、M&A案件にかかわるアドバイザリー業務などを行う国際業務、企業年金や投資信託などの運用と管理を行う受託業務を主な事業として展開する。

2位三井住友フィナンシャルグループ(8316) 市場:東証プライム(旧市場:東証1部) 

売上高4兆1,111億2,700万(+5.3%) 経常利益1兆406億2,100万(+46.3%) 利益率25.3% 

 自己資本比率4.7% (2022年3月通期 連結)

-12/92日3日4日5日1か月3か月半年1年2年5年10年
株価(%)+0.1-0.8+0.8+1.8+0.9+6.9+7.2+15.5+19.2+50.6+0.1+71.1

PER8.07 PBR0.5 RSI53.3% 5日乖離率+0.37 25日乖離率+2.19 75日乖離率+7.57 売買価格463,400円 

日本の三大メガバンクの一角。略称:SMFG。銀行業務を中心に、リース業務、証券業務、コンシューマーファイナンス業務、システム開発・情報処理業務などの各種金融サービスを提供している。三井住友銀行、みなと銀行、関西アーバン銀行、ジャパンネット銀行、三井住友ファイナンス&リース、SMBC日興証券、セディナ、日本総合研究所、さくらケーシーエスなど複数のグループ会社から成る。強固な顧客基盤と銀行・信託・証券一体戦略による高度なサービス提供力が強み。

3位みずほフィナンシャルグループ(8411) 市場:東証プライム(旧市場:東証1部) 

売上高3兆9,630億9,100万(+23.1%) 経常利益5,598億4,700万(+4.3%) 利益率14.1% 

 自己資本比率3.9% (2022年3月通期 連結)

-12/92日3日4日5日1か月3か月半年1年2年5年10年
株価(%)+0.3+0.3+1.5+2.5+1.6+3.7+2.8+10.4+15.3+28.6-16.6+27.8

PER7.91 PBR0.47 RSI62.7% 5日乖離率+0.91 25日乖離率+1.89 75日乖離率+3.73 売買価格168,650円 

第一勧業銀行および富士銀行ならびに日本興業銀行の3行を前身に持つ日本の3大メガバンクの一角。みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券、みずほ総合研究所、みずほ情報総研、資産管理サービス信託銀行、みずほ投信投資顧問、DIAMアセットマネジメントをグループ会社に持つ。

4位ゆうちょ銀行(7182) 市場:東証プライム(旧市場:東証1部) 

売上高1兆9,776億4,000万(+1.5%) 経常利益4,908億9,100万(+24.5%) 利益率24.8% 

 自己資本比率4.4% (2022年3月通期 連結)

-12/92日3日4日5日1か月3か月半年1年2年5年2015/11/4
株価(%)+0.7+0.5+1.1+2+1.6+2-0.5+2.6+6.6+20.4-28.6-38.9

PER11.95 PBR0.4 RSI49.6% 5日乖離率+0.85 25日乖離率+0.18 75日乖離率+0.93 売買価格102,100円 

郵政グループの一員。資産規模は200兆円を超え、メガバンクを上回る。平成26年度末運用資産合計205兆円(貯金残高177.7兆円)

5位三井住友トラスト・ホールディングス(8309) 市場:東証プライム(旧市場:東証1部) 

売上高1兆4,010億9,100万(+1.4%) 経常利益2,297億400万(+25.4%) 利益率16.4% 

 自己資本比率4.2% (2022年3月通期 連結)

-12/92日3日4日5日1か月3か月半年1年2年5年10年
株価(%)0-0.8-0+0.6-1.4-3.5-3.1+3.7+8.6+32.5-0.3+61.3

PER8.11 PBR0.56 RSI51.2% 5日乖離率-0.03 25日乖離率-2.1 75日乖離率-1.98 売買価格419,400円 

大手銀行5グループの一角。三井住友信託銀行を中心に銀行業務、資産運用・管理事業、不動産事業を主な事業として展開する。

6位りそなホールディングス(8308) 市場:東証プライム(旧市場:東証1部) 

売上高8,447億(+2.5%) 経常利益1,587億7,500万(-16.8%) 利益率18.8% 

 自己資本比率3.1% (2022年3月通期 連結)

-12/92日3日4日5日1か月3か月半年1年2年5年10年
株価(%)-0.7-1.6+0.9+2.9+0.1+11.7+19+28.6+45.7+70+5.6+83.2

PER9.96 PBR0.62 RSI57% 5日乖離率+0.29 25日乖離率+2.91 75日乖離率+12.65 売買価格63,750円 

3大メガバンクが誕生する前は5大メガバンクの一角と称されていた。2001年12月12日に大和銀行、近畿大阪銀行、奈良銀行の親会社として設立された銀行持株会社。

7位新生銀行(8303) 市場:東証スタンダード(旧市場:東証1部) 

売上高3,733億2,800万(-0.2%) 経常利益282億9,900万(-36.2%) 利益率7.6% 

 自己資本比率9% (2022年3月通期 連結)

-12/92日3日4日5日1か月3か月半年1年2年5年10年
株価(%)+0.3-1.7-0.6-1-1.3-0.1+14.5+12.7+12+81.4+20.5+49.3

PER11.34 PBR0.47 RSI57.3% 5日乖離率-0.59 25日乖離率-0.73 75日乖離率+4.7 売買価格222,400円 

金融機能安定化措置法案に基づく金融危機管理審査委員会の決定により、1998年3月に公的資金が注入された日本長期信用銀行(長銀)から商号変更を得て誕生した銀行大手。


株価更新:2022/12/9

1



大手銀行


※連結決算における自己資本比率は、(純資産(親会社株主に帰属する持分)÷総資産)×100で求めた数値です。


Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved. プライバシーポリシー