株デイトレードの練習ができるアプリ


TOP

デイトレの練習ができるWEBアプリケーションです。スクロールするローソク足のチャートを見ながら、株価の上昇局面や下降局面のタイミングに合わせて、現物買い、現物売り、信用取引、返済買いの4つのボタンからひとつをクリックします。いくら利益が発生し、いくら損失が発生したか一目でわかります。会員登録やインストールも不要。無料ですぐに始められます。よりたくさんのトレードを体験して相場を読み解く力を養うために作成しましたので、差金決済による一日の取引回数の制限などはもうけておりません。

日足で株の練習 日経先物ミニで練習 日経レバの練習

並べ替え

銘柄リスト


あさひ(3333)  あらた(2733)  ありがとうサービス(3177)  きちり(3082)  きょくとう(2300)  きんでん(1944)  くらコーポレーション(2695)  ぐるなび(2440)  なとり(2922)  ひらまつ(2764)  やまねメディカル(2144)  アイケイ(2722)  アイスタイル(3660)  アイセイ薬局(3170)  アイフラッグ(2759)  アイフリークホールディングス(3845)  アイル(3854)  アイレップ(2132)  アイロムホールディングス(2372)  アイ・ピー・エス(4335)  アエリア(3758)  アコーディア・ゴルフ(2131)  アスコット(3264)  アスモ(2654)  アスラポート・ダイニング(3069)  アテクト(4241)  アバント (3836)  アミューズ(4301)  アルテ サロン ホールディングス(2406)  アルバイトタイムス(2341)  アルファ(3434)  アルファクス・フード・システム(3814)  アルプス技研(4641)  アーバネットコーポレーション(3242)  アールテック・ウエノ(4573)  イオンファンタジー(4343)  イチケン(1847)  イナリサーチ(2176)  イメージ ワン(2667)  インターネットイニシアティブ(3774)  インテージ(4326)  イーブックイニシアティブジャパン(3658)  ウィル(3241)  ウェッジホールディングス(2388)  エスイー(3423)  エスクリ(2196)  エスプール(2471)  エス・エム・エス(2175)  エヌアイデイ(2349)  エフティコミュニケーションズ(2763)  エプコ(2311)  エムアップ(3661)  エービーシー・マート(2670)  エー・ディー・ワークス(3250)  エー・ピーカンパニー(3175)  オプト(2389)  オンリー(3376)  オーシャンシステム(3096)  オーテック(1736)  オートウェーブ(2666)  オールアバウト(2454)  カカクコム(2371)  カルラ(2789)  カワチ薬品(2664)  カワニシホールディングス(2689)  キタムラ(2719)  キャリアデザインセンター(2410)  キャンドゥ(2698)  キューブシステム(2335)  キリン堂(2660)  クイック(4318)  クエスト(2332)  クスリのアオキ(3398)  クラウディア(3607)  クラレ(3405)  クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)  クリエイトSDホールディングス(3148)  クリムゾン(2776)  クレハ(4023)  クロスキャット(2307)  クロタニコーポレーション(3168)  グリムス(3150)  グローベルス(3528)  ケア21(2373)  ケイブ(3760)  コア(2359)  ココカラファイン(3098)  コシダカホールディングス(2157)  コスモス薬品(3349)  コモ(2224)  J.フロント リテイリング (3086) ・・・・・




株の練習 関連銘柄



デイトレードとは、株式投資やFX、先物取引において、一日で売買を完結させるトレードです。デイトレードのような短期で売り買いを行うトレードでは、テクニカル分析が中心となります。天気予報では、1カ月先や1週間先の天気を予想するよりは数時間先または数分先の天気のほうが予想しやいですが、テクニカル分析中心のデイトレードでも、ずっと後の株価より、前の株価のほうが予想しやすいことで人気を集めています。

当アプリはローソク足の形状やチャートの形、移動平均線などを使って買いや売りのタイミングの判断力をみがくための練習用アプリです。より多く練習が積めるよう、差金決済によるトレード回数の制限はありません、すべての銘柄について「信用売り」が可能です。

株価がこれから上昇すると判断した時は、「現物買い」を、株価が下落すると判断した時は「信用売り(空売り)」ボタンをクリックします。現物買いで株を保有しているときは「現物売り」を、信用売りで株を貸借した時は「返済買い」ボタンがクリックできるようになります。資産や現金、保有している株価や売建玉の評価損益などは、チャートがスクロールするたびに刻々と変化していきます。

PCやスマホを使って実際に売買を行うときは、証券会社が提供している専用のトレードソフトをつかうと便利です。※専用ソフトを使わなくても証券会社のWEBサイトから売買はできますが、秒単位で発注したいときはトレードソフトのほうが機能が豊富で、タイムロスが少ないので有利です。ただしトレードソフトは、機能が充実している分、メニューやボタンの数が多く、不慣れなうちは操作で迷うこと多く、いざ注文を出したものの、注文を取り消したい時や売却したいときに、どこにどのボタンがるのかわからずにタイミングを逃してしまうことがあります。はじめて取引を行うときは、値動きが大きいハイリスクな銘柄は避けて、低リスク低リターン銘柄を選んで、取り消しや売却などの操作を覚えることからはじめることをおすすめします。