マイニングとは?関連銘柄を紹介

仮想通貨の取引を行う際は、セキュリティ対策としてユーザーの取引を記録する必要がありますが、これには膨大な計算が必要となります。仮想通貨は、この膨大な計算によって採掘(マイニング)されます。このような膨大な計算を行うマシーンのことをマイニングマシーンといいます。通常、膨大な計算処理には大量のコンピューターが必要になるが、マイニングマシーンは、ナノテクノロジーを駆使してこれを1台にまとめてコンパクトにしています。

TOP関連銘柄一覧上昇株ランキング

 銘柄名・銘柄コード・業種・その他キーワードで検索できます。

上場企業リスト

株価は他社と比較できるよう値上がり率(%)で表示しています。2日に対応する欄は、2日前の終値と比べて何%上がったか、1年に対応する欄は、1年前の終値と比べて何%上がったかを示しています。


GMOインターネット(9449)

売上高1,851億7,700万 営業利益217億8,700万 利益率11.8% (2018年12月通期 連結)

-8/232日3日4日5日1カ月3カ月半年1年
株価(%)-1.1-0.6-1-0.5+1.1+3.4+8.4-3.7-1

PER- PBR3.99 5日乖離率-0.65 25日乖離率+1.27 75日乖離率-0.13 売買価格178,100円 

自社で開発した仮想通貨用のマイニングマシーン「GMO miner B2」の販売を開始。国内にとどまらず海外でも販売していく。マイニングマシーンは、これまで中国製が主流で、日本製はなかったが、GMOインターネットは、国内で先駆けてこれを開発。世界初の1秒間に24兆回の計算能力を有する7nm半導体チップを搭載している。また従来品より小さく設置スペースを取らないうえ、消費電力は20%少なく省エネである点も特徴の一つ。


株価更新:2019/08/23 投資指標(PBR/PBR)更新:2019/08/25

1 /




Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.