パレットを製造している上場企業(銘柄)一覧と事例

パレットとは、貨物の下に敷く台(貨物を載せる台)のことで、主に物流業界で使用されています。パレットを貨物の下に敷くことで、約1トン近くあるような貨物も、一度に持ち上げることが可能となり、時間短縮や負担軽減、生産性の向上につながるメリットがあります。
パレットには目的別で輸送用と補完用、材質別で木製パレットとプラスチック製パレットがあります。
パレットに載せる貨物は、食品業界から化学、繊維、ゴム、ガラス、流通など特定の業種に依存しないため、景気変動リスクが分散されて業績が安定しやすいといった特徴もあります。

TOP  関連銘柄  上昇株  デイトレの練習

 銘柄名・銘柄コード・業種・その他キーワードで検索できます。

上場企業リスト

表の見方:株価は他社と比較できるよう値上がり率(%)で表示しています。2日に対応する欄は、2営業日前の終値と比べて何%上がったか、1年前に対応する欄は、1年前の終値と比べて何%上がったかを示しています。


信和(3447) 市場:東証スタンダード(旧市場:東証1部) 

売上高126億7,800万(-14%) 経常利益6億5,200万(-54.5%) 利益率5.1% (2024年3月通期)

予想売上高160億(+26.2%) 予想経常利益14億9,400万(+129.1%) 利益率11.8% (2025年3月通期)

-7/172日3日4日5日1か月3か月半年1年2年5年2018/3/20
株価(%)+0.5-0.1+0.3+0.8+0.8+2.7+3.1+0.10-1.8-18.7-34.7

PER10.58 PBR0.7 配当利回り4.21% 
RSI41.8% 5日乖離率+0.29 25日乖離率+0.34 75日乖離率+1.89
売買価格76,100円 時価総額107億3,238万3,000円

仮設資材や物流機器を中心とした金属製品の製造販売が主力。自動車部品、液晶パネル用ガラス等の保管・搬送用パレット及びスチールラックなど物品保管用の物流機器の製造・納品、建設現場向けパレットの販売なども手掛けている。

日本パレットプール(4690) 市場:東証スタンダード(旧市場:JQスタンダード) 

売上高75億8,200万(+2.5%) 経常利益8億7,400万(-21.7%) 利益率11.5% (2024年3月通期)

予想売上高76億5,000万(+0.8%) 予想経常利益11億5,000万(+31.5%) 利益率15.2% (2025年3月通期)

-7/172日3日4日5日1か月3か月半年1年2年5年10年
株価(%)-0.7-0.8-1.7+1.2+3.7+6.9-4.3+4.9+14.9+93.4+151.6+107

PER4.67 PBR0.63 配当利回り1.68% 
RSI64.6% 5日乖離率-0.4 25日乖離率+3.27 75日乖離率-0.33
売買価格238,100円 時価総額40億4,770万円

日本のパレットをレンタルする会社。主要顧客は物流業界。主力事業は、木製パレット・プラスチック製パレット、サポーター、ネステナー、ロールボックスなどの荷役・運搬機器のレンタルとパレットのプール運営(同一…

ユーピーアール(7065) 市場:東証スタンダード(旧市場:東証2部) 

売上高118億600万(+5%) 経常利益7億8,900万(-20.7%) 利益率6.7% (2024年 3-5月期 第3四半期)

-7/172日3日4日5日1か月3か月半年1年2年5年2019/6/12
株価(%)+5-1.3-2.1-0.4+0.2-2.1-11.6-34.6-42.5+0.2+31+59.8

PER15.89 PBR1.11 配当利回り1.18% 
RSI42.4% 5日乖離率+0.19 25日乖離率-1.56 75日乖離率-8.37
売買価格127,500円 時価総額97億6,650万円

物流用のパレット(貨物を載せる台)をレンタルする事業を展開する。成長戦略として、アジアをはじめとする海外進出や、アシストスーツ、RFIDタグを使ったパレット管理など先端サービスを使った新事業にも力を入れる。またパレット業界全体での共同利用や共同回収するパレットプールシステムを推進し、さらなる効率化を進める。


株価更新:2024/7/17

1




Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved. プライバシーポリシー