人工知覚(AP)関連銘柄(上場企業)一覧と事例

人工知能(AI)が、コンピューターやロボットが人間の脳に当たる部分の仕事をするのにたいして、人工知覚(AP)は、コンピューターやロボットに視覚を与えて、人間の眼にあたる仕事を仕事をさせることを言います。自動運転やドローン、ダイナミックマップなどに必要不可欠な技術といわれています。

※APは、Artificial(人工的な)Perception(知覚)の略で、AIは、Artificial(人工的な)Intelligence(知能)の略です。

TOP  関連銘柄  上昇株  デイトレの練習

 銘柄名・銘柄コード・業種・その他キーワードで検索できます。

上場企業リスト

表の見方:株価は他社と比較できるよう値上がり率(%)で表示しています。2日に対応する欄は、2営業日前の終値と比べて何%上がったか、1年前に対応する欄は、1年前の終値と比べて何%上がったかを示しています。


Kudan(クダン)(4425) 市場:東証グロース(旧市場:東証マザーズ) 

売上高1億1,200万(-49.7%) 経常利益-4億900万(-) 利益率-365.2% (2023年 10-12月期 第3四半期)

予想売上高5億2,000万(+56.6%) 予想経常利益-2億4,000万(-) 利益率-214.3% (2024年3月通期)

-4/242日3日4日5日1か月3か月半年1年2年5年2018/12/20
株価(%)-0.9-6.8-4.6-3.4-1.6-29.9+80.9+23.5-15.5-13.8-90.7-87.4

PER- PBR38.09 配当利回り-% 
RSI38.1% 5日乖離率-3.2 25日乖離率-20.87 75日乖離率+8.54
売買価格175,500円 時価総額180億5,696万1,585円

機械の眼の部分に当たるカメラなどのイメージング機器に高度な視覚を与える技術(人工知覚技術)を開発している会社。周囲の状況を理解する機械の眼にあたる知覚技術は、人間の脳にあたるAIとともに発展していく可…

ヴィスコ・テクノロジーズ(6698) 市場:東証スタンダード(旧市場:東証2部) 

売上高23億900万(-9.1%) 経常利益-5,700万(-) 利益率-2.5% (2023年 10-12月期 第3四半期)

予想売上高32億4,000万(-8%) 予想経常利益-1億(-) 利益率-4.3% (2024年3月通期)

-4/242日3日4日5日1か月3か月半年1年2年5年2017/12/14
株価(%)+2.9+3+2.2-0.2+0.6-8.9-5.2+8.4-8.3-17.2-66.1-64.8

PER- PBR1.24 配当利回り1.56% 
RSI42.5% 5日乖離率+1.58 25日乖離率-2.92 75日乖離率-0.91
売買価格64,400円 時価総額41億5,302万7,200円

最先端の画像処理検査装置を開発・製造・販売している。外観検査で機能面のキズや美観を損なうキズを機械的に発見する。従来まで人が目視で行っていた検査を、高度な光学技術と画像処理アルゴリズムで機械的に行えるようにする独自技術に強み。人が目視で検査するときに必要となる「知覚」「経験」「認識」をアルゴリズムに組み込んでいる。


株価更新:2024/4/24

1




Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved. プライバシーポリシー