EUVとは?関連銘柄・企業・事例

EUVとは、Extreme Ultravioletの略で、光の波長が非常に小さい極端紫外線(波長13.5mm)のこと。最先端の半導体ロジックやDRAMなどの微細化や高密度化、検査などに用いられます。
2019年時点における次世代EUV露光装置のメーカーは、オランダの半導体製造装置メーカー「ASMLホールディングス」一社のみです。

TOP関連銘柄一覧上昇株ランキング33業種ランキング

 銘柄名・銘柄コード・業種・その他キーワードで検索できます。

上場企業リスト

表の見方:株価は他社と比較できるよう値上がり率(%)で表示しています。2日に対応する欄は、2営業日前の終値と比べて何%上がったか、1年前に対応する欄は、1年前の終値と比べて何%上がったかを示しています。


住友化学(4005) 市場:東証プライム(旧市場:東証1部) 

売上高1兆5,285億6,300万(+15.3%) 営業利益605億6,700万(-58%) 利益率4% (2022年 7-9月期 第2四半期 連結)

-12/92日3日4日5日1か月3か月半年1年2年5年10年
株価(%)-0.6-1.2-1.2-0.6-0.4+0.2-12.3-14.8-10.4+15.2-38.3+102.5

PER7.19 PBR0.57 RSI46.7% 5日乖離率-0.74 25日乖離率-0.57 75日乖離率-5.46 売買価格48,400円 

最先端プロセス向け半導体フォトレジスト(EUVなど)を開発している。

日産化学(4021) 市場:東証プライム(旧市場:東証1部) 

売上高1,095億3,100万(+19.3%) 営業利益281億5,900万(+32%) 利益率25.7% (2022年 7-9月期 第2四半期 連結)

-12/92日3日4日5日1か月3か月半年1年2年5年10年
株価(%)+0.5-0.2-0.6-0.9+0.5+0.9-7-12.5-1.2+3+44.8+581.4

PER22.19 PBR4.32 RSI57.1% 5日乖離率-0.24 25日乖離率+0.04 75日乖離率-1.73 売買価格663,000円 

化学品事業、機能性材料事業(ディスプレイ材料、半導体材料など)、農業化学品事業(除草剤・殺虫剤・殺菌剤等)、医薬品事業を展開する化学メーカー。EUV材料分野を将来の成長エンジンに掲げる(2020年第3四半期決算説明資料)

JSR(4185) 市場:東証プライム(旧市場:東証1部) 

売上高1,972億5,100万(+17.2%) 営業利益176億9,600万(-22.6%) 利益率9% (2022年 7-9月期 第2四半期 連結)

-12/92日3日4日5日1か月3か月半年1年2年5年10年
株価(%)+0.1+0.3-0.4-1.3-1.3+4.9-8.2-30.9-34.8+2.1+28.1+85.3

PER15.01 PBR1.58 RSI70.4% 5日乖離率-0.25 25日乖離率+2.4 75日乖離率-0.41 売買価格289,300円 

JSRとimecは、EUVリソグラフィ用フォトレジスト製造で合弁会社を設立

東京応化工業(4186) 市場:東証プライム(旧市場:東証1部) 

売上高1,304億6,300万(+29.7%) 営業利益226億6,500万(+50.2%) 利益率17.4% (2022年 7-9月期 第3四半期 連結)

-12/92日3日4日5日1か月3か月半年1年2年5年10年
株価(%)+0.8+0.9-1-1.8-2.5+0.1-0.4-12-7.7-6+42.4+310.5

PER12.84 PBR1.62 RSI47.7% 5日乖離率-0.24 25日乖離率-0.78 75日乖離率+1.93 売買価格670,000円 

半導体フォトレジスト大手。EUV向けやKrF向けのレジストで売り上げの伸びが期待されている。

東洋合成工業(4970) 市場:東証スタンダード(旧市場:JQスタンダード) 

売上高175億5,300万(+11.7%) 営業利益28億5,200万(+20.3%) 利益率16.2% (2022年 7-9月期 第2四半期 個別)

-12/92日3日4日5日1か月3か月半年1年2年5年10年
株価(%)-0.2-0.2-7.3-7-6.5+14.8+12.3-7.4-48.9-23.5+439.3+2269.4

PER17.81 PBR3.91 RSI59.5% 5日乖離率-3.09 25日乖離率+2.5 75日乖離率+14.19 売買価格898,000円 

液晶ディスプレイ、有機ELディスプレイ、半導体デバイス、蓄電デバイスの製造に欠かせないフォトレジスト用感光性材料分野で世界トップクラスのメーカー。次世代露光技術であるEUVリソグラフィの実用化にあわせて、EUV用の感光材(レジスト)材料の開発に取り組んでいる。

レーザーテック(6920) 市場:東証プライム(旧市場:東証1部) 

売上高257億2,300万(+182.3%) 営業利益85億800万(+321.3%) 利益率33.1% (2022年 7-9月期 第1四半期 連結)

-12/92日3日4日5日1か月3か月半年1年2年5年10年
株価(%)+5.2+3.2-1.9+0.6+1.6+16+43.1+48.7-12.8+130.1+1845.5+14955.5

PER65.24 PBR33.64 RSI62.3% 5日乖離率+1.38 25日乖離率+5.44 75日乖離率+30.45 売買価格2,713,000円 

次世代露光技術であるEUVリソグラフィの実用化にあわせて、EUVマスクブランクスの品質管理を行える検査装置を開発し、高シェアを占める。想定を上回るペースで受注が拡大している。レーザーテックは、「世の中にないものをつくり、世の中のためになるものをつくる」ことを経営の基本とし、マスク検査の分野で長い歴史と経験を持つ会社です。

日本電子(6951) 市場:東証プライム(旧市場:東証1部) 

売上高647億4,300万(+21.3%) 営業利益69億900万(+87.9%) 利益率10.7% (2022年 7-9月期 第2四半期 連結)

-12/92日3日4日5日1か月3か月半年1年2年5年10年
株価(%)+4+3.1+1.3-2.3-3.9-21-24.6-31.2-54-5.9+240.8+1053.7

PER12.58 PBR2.37 RSI27.5% 5日乖離率+1.17 25日乖離率-12.25 75日乖離率-17.41 売買価格431,500円 

EUVに対応したマルチビームマスク描画装置をオーストリアのIMSナノファブリケーション社共同開発。

HOYA(7741) 市場:東証プライム(旧市場:東証1部) 

売上高3,642億9,100万(+13.6%) 経常利益1,233億3,800万(+17.4%) 利益率33.9% (2022年 7-9月期 第2四半期 連結)

-12/92日3日4日5日1か月3か月半年1年2年5年10年
株価(%)+3.7+3.2+2.5-0.3-0.9+1.9-6.5+0.5-23.7+5.5+148.8+766.8

PER30.28 PBR5.93 RSI45.8% 5日乖離率+1.81 25日乖離率-1.65 75日乖離率-2.85 売買価格1,389,500円 

光学ガラスの製造に強みを持つ会社。EUV露光向けマスクブランクスを手掛けている。


株価更新:2022/12/9

1




Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved. プライバシーポリシー