都市鉱山(レアメタル)関連銘柄の一覧表


家電製品やスマホ、パソコンなどには。金や銀、銅、プラチナ、パラジウムといったレアメタルが高濃度で含まれているので、「都市鉱山」とも呼ばれています。電子機器の廃棄版から得られるレアメタルは天然資源よりも効率よく回収することができ、環境への負担も少ないので、利益率が高い。

TOP関連銘柄一覧上昇株ランキング

 銘柄名・銘柄コード・業種・その他キーワードで検索できます。

上場企業リスト

表中の数値はその期間の値上がり率(%)で表示しています。例えば1年に対応する欄であれば、1年前の終値と比べて何%上がったかを示しています。

銘柄名と銘柄コード最低売買価格7/17(1日)2日3日1カ月3カ月半年1年PERPBR業務内容概略
双日(2768)  34,800 0 -0.6 -0.9 +0.3 -10.1 -16.1 -14.1 6.04 0.7

大手総合商社。合金鉄・レアメタル事業で日本トップクラス。ニオブの取り扱いで国内総取引量トップシェア。

リネットジャパングループ(3556)  111,100 +9.2 +2.5 -0.2 -10 -8.7 -2.3 +37.2 32.58 5.78

ネットリユース事業とネットリサイクル事業の2つの事業を展開する。ネットリサイクル事業において、使用済みのパソコンや携帯電話、小型家電などを有償で宅配便を使って回収するサービスを提供している。
宅配便をつかったリサイクルは全国初。回収する際にパソコンなど廃棄する機器からデータを削除するサービスも行っており、比較的高いサービス料を得ている。

イボキン(5699)  397,500 +4.3 +0.4 -0.5 +22.9 +91.4 +134.4 0 24.77 2.49

(1)解体事業(ビルなどの建築構造物やプラント、機械設備などの解体・撤去工事)、(2)環境事業(木材プラスチックなどの分別加工、リサイクル、中間処理、最終処分など)、(3)金属事業(鉄やステンレス、金…

三菱マテリアル(5711)  306,000 +0.7 +1.2 +1.7 +3.3 -1.6 +1 +3.5 13.36 0.63

都市鉱山関連株の本命。環境負荷低減を実現した銅製錬技術「三菱連続製銅法」は業界トップレベル。家電やパソコン、スマートフォンなどあらゆる電子機器類の廃基板(E-Scrap)を大量かつ低コストで処理ができる技術と施設を持つ。

住友金属鉱山(5713)  317,100 +2.1 +2.5 +2.7 +9.3 -12.5 +3.2 -20 13.61 0.83

電気自動車に搭載される使用済みリチウムイオン電池からレアメタルのコバルトを回収し、電池材料として材利用する技術を開発。早ければ2021年の実用化を目指す

DOWAホールディングス(5714)  348,500 +0.9 +1.9 +2.7 +0.6 -7.7 +2.7 +3.4 10.31 0.87

子会社のDOWAエコスシステムで、家電製品や自動車・電子部品などのスクラップから、金や銀などの有価金属を回収し、製品として再び市場に提供する事業を展開している。独自精製技術を使えば、99.995%以上の高純度金で回収ができる。

アサカ理研(5724)  146,400 -2 -2.5 -4 -17.7 +18.2 +16.8 -31.4 65.62 1.23

都市鉱山から有価金属を効率的に回収し、先端部品や使用済み治具を再生する貴金属事業と環境事業を中心としてビジネスを展開。…

アサヒホールディングス(5857)  228,900 +0.4 +0.3 +1.1 +3.9 +10.6 -1.6 +11.4 9.58 1.33

グループ会社のアサヒプリテックで、貴金属リサイクル事業を展開している。さまざまな産業分野(廃電子基板・工程端材・鹿業界・宝飾品製造団体など)からレアメタルを高効率で回収し、金・銀・プラチナ・パラジウム・インジウム・ロジウムなどの金属をリサイクルしている。


株価更新:2019/07/17 投資指標(PBR/PBR)更新:2019/07/17

0 /






Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.