日経225先物の特徴とメリット


日経225先物とは、あらかじめ定められた将来の期日(満期日)に今の時点の価格で、日経平均株価という株価指数を、売買する契約のこと。 未来の商品をを先行して売買することから「先物取引」という。物の受け渡しがないため株価指数のような実体のない取引も可能で、口座上は購入金額と売却金額の差額をもって決済される。このような精算方法を差金決済という。
当サイトでは、日経225先物取引の練習ができるアプリを用意しました。無料かつ会員登録不要なので気軽に始めることができます。
日経225先物ミニでデイトレの練習日経平均先物でデイトレの練習

1・取引単位は1枚 少ない資金で大きな金額の取引ができる
  日経225先物の最低取引単位(1枚)は日経平均株価の1000倍、ミニ日経225先物の最低取引単位は日経平均株価の100倍。
  (例:日経平均株価が20000円である場合 日経225先物20000×1000=2000万円 日経225先物ミニ20000×100=200万円)

 ただし証拠金取引であるため、少ない資金で大きな金額の取引が可能。必要となる証拠金(担保)は、日本証券クリアリング機構が独自の指数を用いて計算したSPAN(スパン)と呼ばれる額に基づき設定されます。
  (例:必要証拠金 日経225先物1枚につき40万円 ミニ日経225先物1枚につき4万円)

2・夜間取引ができる。日中の取引時間: 9:00から15:15、ナイト・セッション:16:30から3:00

3・買いから入ることも売りから入ることもでき、証拠金内であれば何度でも取引ができる

4・銘柄ごとに期限(満期日)が定められている。これを限月(げんげつ)といい、限月を迎えるとSQと呼ばれる特別清算指数値に基づいて強制的に決済される。
  (銘柄例:2015年3限月、2015年6限月、2015年9限月、2015年12限月など。先物取引では、これらの限月の中から一つ選んで注文を出す。)
 限月がもっとも近い銘柄を期近という。現在が2015年5月10日だとすると、期近は「2015年6限月」。期近はもっとも出来高が高く取引が活発で売買が成立しやすいといった特徴がある。

株式取引の中にもETFと呼ばれる日経平均株価やTOPIXなど株価指数に連動して動くインデックス型上場投資信託がある。しかし日経225先物は、夜間取引ができるため、NY株式市場が開いているときに売買でき、NYダウやナスダック、S&Pなどの動きを見ながら取引ができるというメリットがある。

日経先物の手数料を比較

日経225先物のメリットを解説する図





当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.