初心者向けの株入門講座

日経225先物の各証券会社の手数料比較


先物取引は、あらかじめ定められた期日に特定の商品を今の価格で売買する取引のこと 日経225先物とは、日経平均株価という実体のない商品を対象にした先物取引で、日経平均株価が上がると予測したときは買いから入り、下がると予測した時は売りから入ることができる証拠金取引です。夜間も取引が可能で、少ない資金で大きな取引ができるといった特徴があります。日経225先物にはラージとミニがあり、ミニはラージの1/10の値段で取引ができます。

各証券会社ごとの日経先物の手数料は下表のとおり。(2015/9/2調べ)

 

日経225先物
(一枚当たり)

日経225ミニ
(一枚当たり)
マネックス 330円 50円
GMOクリック証券 280円 39円
楽天証券 278円 38円
SBI証券 250円※1 25円※1
ライブスター証券 250円 35円
松井証券 300円 40円
カブドットコム証券 300円 38円
むさし証券 540円 54円
岡三オンライン証券 300円 40円

※1 2015/8/31(月)16:10から2015/10/2(金)15:15の期間中に発注された日経225先物のJ-NETクロスで約定した手数料。立会で約定した注文の手数料はラージが400円、ミニが40円。



当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.