初心者向けの株入門講座

NISA比較/証券会社ごとの特徴や手数料を比較


NISAとは、株式や上場投資信託等の運用益によって発生する税金が、非課税となる制度。年間100万円までに限り、5年間わたって税制が優遇される。詳しくはこちら。各証券会社におけるNISA口座の特徴は下記の通り。

楽天証券

NISA口座から取引できる投資信託の取扱ファンド数1972本、うち取引手数料無料の投資信託が580本以上。
2015年1月5日(月)から2015年12月30日(水)までの期間内にNISA口座内で海外ETFおよび国内株式(現物)の買付および売買手数料が無料。※2014年から始まり、2015年もキャンペーンの期間を延長した。
公認会計士がNISAに適したおすすめのスクリーニングを提案。

マネックス証券

2015年1月5日から2015年12月30日まで、マネックス証券のNISA口座内において国内外の株式(米国株や中国株も含む)やETFなど全商品の買付時手数料が実質0円となる。※2014年も同様のキャンペーンを実施。2015年からキャンペーンの期間が延長された。

松井証券

松井証券のNISA口座では、上場株式、上場投資信託(ETF)、不動産投資信託(REIT)、上場投資証券(ETN)の取引手数料(買付および売却)が、現行制度が続く限りにおいて恒久的に無料(インターネット経由)となる。

GMOクリック証券

NISA口座の取引であれば、上場株式(株式・ETF・REIT・ETNなど)の買付時および売却時の手数料が恒久的に無料。期間の区切りなし。

ライブスター証券

NISA口座での取引手数料は現物取引または投資信託の手数料と同じ。ただし通常の取引手数料が他社と比べて最も安いといった特徴がある。

SBI証券

2015年分の国内株式の売買手数料および海外ETFの買い付け手数料が実質0円。投資信託取扱本数1980本以上。個人投資家向けの夜間取引ができるPTS(約3500銘柄を朝8時20分から23時59分まで取引できる)を提供。

カブドットコム証券

NISA口座内においては、現物株式の買い付け手数料が恒久的に無料。ノーロードファンド250ファンド以上。プチ株(いわゆる単元未満株)の取引が可能(ただし有料)。カブコムでNISA口座を開設された人すべて、通常の現物株式の取引手数料が最大5%割引となる「NISA割」を実施。 2015年9月末までにNISA口座を開設すると、500円プレゼント。





当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.