東証マザーズ指数先物が上場!その特徴は?


2016年7月19日(火)に日本で初めて新興市場を対象とした指数先物「東証マザーズ指数先物」が上場する。

マザーズ指数は、内需関連が多く日経平均株価やTOPIXとのは異なった動きをすることも負い。2016年にはいってからずっと軟調だった日経平均株価とは対照的に2月中旬から「そーせい」を筆頭に好調な時期が続いた。マザーズ銘柄、日経平均構成銘柄のリスクヘッジとしても使えることある。
東証一部の構成銘柄は小売りや電気機器、機械、卸売りなど各業種がだいたい均一に配分されているのに対して、東証マザーズの構成銘柄は、情報通信業とサービス業が全体の7割近くを占める。また社歴や社長の年齢も若く、新規上場銘柄も多い。マザーズ指数に投資することは、夢と希望にあふれた成長株に投資するといった側面もある。





当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved.