スピンオフとは?事例と株価が急落する理由を徹底解説


スピンオフとは、連結子会社を親会社たる本体から切り離して、資本関係のない独立した会社にする仕組みのことをいいます。
親会社が保有している子会社の全株式を、現物配当によって親会社の株主に分配します。
切り離した子会社は、スピンオフを実施する前に新規上場申請をして証券取引所に上場します。子会社の株主が株式を売却する機会を確保します。
親会社の株主は、スピンオフによって、親会社と、独立した子会社の2銘柄を保有することになります。

スピンオフを利用して、子会社を分離独立させると、次のようなメリットがあります。

・スピンオフ制度を利用して子会社を分離した場合、事業を売却したときに課される税金が免除されます。
・分離した会社の独立性が高くなます。
・柔軟かつ迅速な意思決定がしやすくなります。
・それぞれの会社は中核事業に専念しやすくなり、投資家も中核事業に絞った投資がしやすくなる。
・自由な競争が促進される。

スピンオフとは

事例

カラオケ事業「まねきねこ」をはじめ、「ひとりカラオケ専門店ワンカラ」、カーブス事業、温浴事業などを展開する総合余暇サービス提供企業「コシダカホールディングス」が、国内初となるスピンオフを臨時総会に付議することを2019年10月10日に取締役会で決議しました。
スピンオフを利用して、連結子会社のカープスホールディングスを、資本関係から切り離します。カープスHDは、女性向けのフィットネスクラブを全国にチェーン展開している会社です。
コシダカHDの株主には、カープスHDの株式を、現物配当によって分配。コスダカHDとカープスHDの2銘柄を保有することとなります。

コスダカホールディングスの株価チャート

コスダカHDのスピンオフ事例

コシダカHDの株価は、10月10日決議後に、株価が急落しています。カープスHDが連結子会社から外れるため、その分の時価相当額が下落しています。配当落ち日に株価が配当分下落するのと同じような理屈です。
コスダカHDの株主は、カープスHDの株主にもなれるため、理論上の損益はプラマイゼロです。実際は対象銘柄の需給なども株価に影響するので、厳密にプラマイゼロになることは滅多にありません。





当サイトは株の初心者のために起ち上げました。

Copyright (c) 2014 かぶれん. All Rights Reserved. プライバシーポリシー